デザイナーにも分かりやすいjQuery入門講座|jQueryの使い方

このエントリーをはてなブックマークに追加
索引
Core:コアとなる仕組み
Selectors:セレクタ
Attributes:属性
Traversing:対象の変更
Manipulation:操作
CSS:スタイルシート
Events:イベント
Effects:演出効果
Ajax:xml等との連携
Utilities:ユーティリティ
Data:データ
Miscellaneous:諸々
Deferred:処理管理
Callbacks:コールバック
Internals:内部処理

リファレンス目次

リファレンスについて

このページでは本家のサイトを参考にjQueryのメソッドやプロパティを紹介しています。jQueryの日本語サイトは他にもたくさん存在しますが、ほとんどが本家サイトを和訳しただけです。このサイトでは、差別化のためオリジナルのサンプルを作成して紹介するようにしました。
※本家サイトでは複雑なサンプルも多いのですが、このサイトでは理解しやすいようにシンプルを心懸けました。
※私が良く分からない項目に関しては、本家ページの直訳的な説明になっています。特にInternals「内部処理」の項目...。

左のメニューは開閉式になっています。項目をクリックすることで該当するメソッドやプロパティのリストが表示されるので、調べたいものをクリックしてください。

jQueryのバージョンは1.11.0です

jQueryはバージョンアップの間隔が短く、コマンドの削除や追加/仕様変更などが頻繁に行われます。おかげでバグの対応も早いのですが、利用しているバージョンと異なるリファレンスを参照してしまうと正常に機能しない場合があります。ということで、ご利用のjQueryのバージョンの確認してください。

廃止になったメソッドは左のメニューでグレー表記になっています。また非推奨になったメソッドは薄い青字になっています。例→廃止になったメソッド非推奨になったメソッド

2014年3月:jQuery1.11.0に対応

本家サイト「jQuery 1.11 and 2.1 Released」を基にリファレンスを更新しました。とはいえバグ修正がメインでメソッドやプロパティの仕様に変更がなかったのでリファレンスの更新はしていません。
しかし1.10から1.11へのメジャーバージョンアップでです。内部処理を見直してパフォーマンスが向上しているそうです。詳細はブログdesign drill diary「jQueryサイト:リファレンスv1.11対応」にて確認できます。

2013年9月:jQuery1.10.2に対応

本家サイト「jQuery 1.10.0 Released」と「jQuery 1.10.1 Released」と「jQuery 1.10.2 Released」を基にリファレンスを更新しました。更新内容の詳細はブログdesign drill diary「jQueryサイト:リファレンスをバージョン1.10.2に対応」にて確認できます。

2013年2月:jQuery1.9に対応

本家サイトの「jQuery Core 1.9 Upgrade Guide」を基にバージョンアップが完了しました。更新内容の詳細はブログdesign drill diaryの以下の記事にて確認できます。
→design drill diary「jQueryサイト:リファレンスと使用例の更新
→design drill diary「jQueryサイト:sampleページの作成を開始しました
→design drill diary「jQueryサイト:jQueryサイト:v1.9によるリファレンス更新

検索の注意点

左メニューの索引部分に簡易検索を追加しました。検索したい文字列を入力して検索ボタンをクリックすると、マッチした項目をピンクの背景色でハイライトします。

しかし情報は英文で管理されているため思わぬ結果になることがあります。例えば「contain」で検索するとセレクタの[属性名*='値']なども選択されます。これは、この項目が内部的に「contain」というidで管理されているためです。本家のページでも[属性名*='値']はattribute-contains-selectorという名称になっています。

そして英文で管理されているため、漢字や記号を検索することはできません。しかし漢字や記号はセレクタの3項目(基礎,階層関連,属性)だけなので問題ないと思います。

構文の表記について

各ページの構文表記は以下の様に記述されています。上段左には機能の概要、上段右には返値の内容が記述され、下段左には構文が記述されています。構文に記述された「jQo」とはjQuery Objectの略で、ほとんどのメソッドやプロパティの主語となります。下段右に記述されているのは、その構文が追加されたjQueryのバージョンです。

また引数に記述された[ ]は省略可能の値です。以下のケースだと、引数にセレクタを設定しても、しなくてもOKという意味になります。

兄弟要素を選択返値:jQueryオブジェクト
jQo.siblings( [セレクタ] )ver1.0〜

リファレンスツアー

リファレンスのページには最下段に以下の様な「次のページ」ボタンが付いています。これを辿って全リファレンスのページを確認できます。jQueryがどのようなメソッドやプロパティを持つか確認することは、jQueryの習得にとても役立つと思うので、斜め読みでも確認することをお勧めします。
リファレンスツアーでは重複したもの(他ページ参照の項目)は飛ばすので無駄がありません。目次は通ります。