デザイナーにも分かりやすいjQuery入門講座|jQueryの使い方

このエントリーをはてなブックマークに追加
索引
Core:コアとなる仕組み
Selectors:セレクタ
Attributes:属性
Traversing:対象の変更
Manipulation:操作
CSS:スタイルシート
Events:イベント
Effects:演出効果
Ajax:xml等との連携
Utilities:ユーティリティ
Data:データ
Miscellaneous:諸々
Deferred:処理管理
Callbacks:コールバック
Internals:内部処理

.preventDefault( )ブラウザ標準の機能を停止

構文

ブラウザ標準の機能を停止返値:なし
イベントオブジェクト.preventDefault( )ver1.0〜

機能

イベントオブジェクトにpreventDefaultメソッドを利用すると、a要素のリンク機能やform要素のデータ送信機能などブラウザの持つ機能を実行しないようにします

解説

ブラウザ標準の機能を停止する

サンプル(preventDefault/01.html)を開いてbody内にリンクありのa要素があることを確認してください。

<a href="http://www.yahoo.co.jp/">yahoo</a>

jQueryは以下の様に記述され、a要素をクリックするとpreventDefaultメソッドを利用してブラウザ標準の機能であるリンクを停止します。

$("a").click(function(eo){
	eo.preventDefault();
});

結果として、a要素をクリックしてもリンクしません。

関連項目

バブリングを停止したい場合はstopPropagationメソッドを利用します。バブリングとイベント発生時の処理を停止したい場合はstopImmediatePropagationメソッドを利用します。

イベント発生時に実行する処理(function)内でfalseを返すとバブリングを停止し、ブラウザ標準の機能も実行しないようにできます。→使い方:イベントフロー(2)「return falseについて」